浜崎あゆみが名古屋公演中止。アナフィラキシーショックの盲点に嵌ったのか?

歌手の浜崎あゆみ(43)が6日の公演後、急な体調不良を訴え病院に緊急搬送された。

搬送先の病院でアナフィラキシーショックと診断されたが、一時、意識不明だったそうだ。

浜崎あゆみは足首を骨折して、4日にインスタぐラムで、

「今回の怪我ともどうにかうまく付き合いながら、土曜日、日曜日の名古屋公演のステージに立たせていただきたいと思っています」

と報告していた。

痛み止めを打つか服用して公演したようだが、病院関係者はスポニチの取材に

「アナフィラキシーショックの原因は薬物ではない」

と説明している。

7日、公式ツイッターで、この日に名古屋市の日本ガイシホールで予定されていた「ayumi hamasaki ASIA TOUR 2021‐2022 A ~23rd Monster~」公演を中止することが発表された。

今春に第2子を出産しており、アジアツアーを展開している最中。

足首の骨折は不注意で起こしてしまったとのことだが、5・6日の愛知・日本ガイシホール公演は行っていた。

「みんなの声がようやく聴ける、絶対に忘れられない新しい一歩を踏み出せる名古屋公演!!!ぶりんぶりんに楽しみたおしていきましょう!!!!!!」

と前向きに取り組んだが、骨折ではなくアナフィラキシーショックで公演中止になったのは本人にも予想外で無念だろう。

浜崎あゆみを襲ったアナフィラキシーショックの原因は?

急激なアレルギー反応で全身に症状が強くあらわれる状態をアナフィラキシーといいます。

・全身に発疹が出るなどの皮膚症状
・唇や舌が腫れるの粘膜症状
・呼吸困難、気道狭窄、喘鳴、低酸素血症などの呼吸器症状
・血圧低下、意識障害などの循環器症状

といった症状が出ますが、中でも、血圧が低下して全身に十分な血液が回らなくなり、意識状態も悪化するなどの症状になる状態をアナフィラキシーショックといい、速やかに病院で適切な対応をしないと場合によっては死に至る重症な疾患です。

浜崎さんは一時、意識を失っていたとのことで、危ない状態だったのですね。

アナフィラキシーショックはアレルギーということで、原因物質(アレルゲン)が体内に入り免疫機構が過剰に反応することで発生します。

原因としては、

・食べ物:卵や牛乳、えびなどの甲殻類、小麦・ソバ・ピーナッツ・栗・バナナなど
・虫刺され:ハチ、アリ、ムカデなど
・天然ゴムによるラテックスアレルギー
・薬品:抗生物質、解熱剤、病院の画像検査で用いる造影剤、ピリン系の痛み止め(他の痛み止めでの発症することもある)
・運動:特定の食べ物を食べたあとに運動で発症(運動誘発性アナフィラキシー)

があり、原因物質(アレルゲン)に晒されると数分から数時間以内に急速に症状が表れるのが特徴。

原因物質(アレルゲン)を避ければ良いわけですが、自分でも分からずに発症する場合があります。

食物アレルゲンが皮膚から入ってくることがあるからです。

それによって知らないうちに原因物質(アレルゲン)への抗体を持つようになり、原因物質(アレルゲン)を食べた後、抗体が過剰反応してアナフィラキシーショックになってしまうのです。

これは盲点です。

浜崎さんの原因は何だったのでしょうか?

薬物でないことは病院が発表していますが、情報が無いので現時点では何とも言えません。

もしかしたら盲点に嵌ってしまった可能性が無きにしもあらず。

今後のこともあるので、原因をハッキリさせて活躍して頂きたいですね。

私自身はアレルギーのことを意識していませんでしたが、記事を書いていて

「身体がよく痒くなるのはアレルギーじゃないのか!?」

と今更ながら気付きました。

そういえば弟は蕎麦アレルギーで、蕎麦は避けていても蕎麦粉の入ったものを食べるとエラい目に逢っていました。

私は蕎麦好きで大丈夫ですが、何がダメなのか?

今は自炊で外食はほぼ無しで食べるものはハッキリしています。

良くなさそうなものといえば、アイス・柿の種・チョコレートなどの菓子類程度です。

菓子断ちすれば分かりますね。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です